たそがれの 仮想通貨 女子

仮想通貨について学びながら仮想通貨投資をするたそがれの仮想通貨女子のブログです。

中国にICO規制で仮想通貨市場は暴落、ICOバブルの行く末は?そして元寇。

こんばんは、月曜日の仮想通貨女子ことたそがれです。

 

仮想通貨市場に中国要因で逆風が吹き荒れていますねぇ。
元寇のときのような神風はジャパンに吹くのでしょうか。

 

f:id:kasoutsukajyoshi:20170904210924j:plain

9月2日に、北京で予定されていたブロックチェーン関連のサミット「2017DACA区块链国际高峰论坛」が中止となったようです。知り合いが取材に行くらしく非常に楽しみにしていたので非常にザンネンです。

 

そして今日9月4日、中国当局がICOを規制しました。
これからICOだめだよ、っていうかこれまでのICOも駄目だから返しなさい。
という厳し目の内容です。

消費者金融に対する過払い請求ばりの、やっぱり返せ系後出しじゃんけんじゃん。

じゃ が多い。

 

中国のICO状況はというと、今年65件のICOが行われ、10万人ほどから26億元調達した模様です。

ICO、26.16億元累積資金調達、105,000人の合計が参加する65件のプロジェクトの合計を完了しました。

独家| ICO被定性为涉嫌非法集资 一夜暴富梦碎_金融频道_财新网

とのこと。

26億元がナンボかわからへんのは私だけではないはずです。

 

26億元は約437億7,104万3,771円だって!調べておきました。優しさ…。

大きいようで中国ではそうでもないような気もしますが、1件のICOあたり約7億弱を調達していることになります。(最近のICOの調達規模がヤヴァ過ぎて麻痺している。日本のスタートアップがいきなり7億調達したらザワつくよね。むずい。)

 

それをぜんぶなかったことにー

ロールバックー

時間は戻らないのに、失われた時間は返ってこないのに

仮想通貨界は時々戻ります。

新たな時代の創造期って感じがするなぁ。

 

ロイターはこう報じています。

 

金融テクノロジーコンサルタント会社、カプロナシア(上海)のディレクター、ゼノン・カプロン氏は「規制当局は世界的にICOが何であるか、リスクは何か、どのように規制すれば良いのかの理解に苦しんでいる」と指摘。「中国は多くの点で米国やシンガポールと違いはないとしているが、対応の仕方がわかるまでは抵抗せざるを得ない。一時的な政策にとどまるとみている」との見方を示した。

中国、仮想通貨による資金調達を禁止 違法行為と判断 | ロイター

 

ゼノン・カプロン氏は誰か知りませんが、

世界秩序に突如として現れたICOという資金調達手段が、金融業界という一番金持ちがたくさんいてステークホルダーがたくさんいて世界皇帝が牛耳っていて富が集中していてフリーメイソンの世界にとって謎の脅威であることは間違いありません。

 

ついていけているおじさんもいるでしょうし、

ついていけてないけど明日もカジノに行きたいおじさんもいるでしょう。 

 

だからとりあえず規制。

哀しみの連鎖。

変化なき世界に発展はないYO。(かそじょ2017) 

 

 

そして、シンガポールもICO規制に動いているという情報もあります。

 

シンガポール金融管理局(MAS)は今後シンガポールの証券先物法の対象になりそうな(つまり株式のような証券に近い)トークンの販売を規制していくということだ。さらにMASは、取引所をはじめとするICO後のトークン売買を可能にするサービスも規制対象になると記している。

 

ICOを行うシンガポール法人以外にも、シンガポール人やシンガポールに拠点を置く個人・法人からの出資を受けるICOも規制対象になる可能性がある。

 

jp.techcrunch.com

 

決済大国中国、スタートアップ天国シンガポール、

この2つの国で、ICOの規制はなかなかの逆風ですね。

 

中国のICO規制発表を受けて、仮想通貨市場は暴落しております。

中国系の仮想通貨はえぐいです、ジェットコースターです。

中国のイーサリアムとも言われるNEO(旧:Antshares)とかちーんです。

 

f:id:kasoutsukajyoshi:20170904210736j:plain

 

でもさ、実際このままでは終わらないと思うんですよ。

仮想通貨はなくならないし、

ICOも、何かしらの適切な存続の仕方を見つけて、きっと残ると思うんです。

確かに今はバブル。

勝ち逃げチャンス。

そのあと、そのうち、適正化と同時に一般化すると思うんです。

 

携帯電話が普及し始めたとき

クレジットカードが普及し始めたとき

インターネットが普及し始めたとき

 

法整備前の隙をついて、犯罪も起こったでしょ。

儲けた人いるでしょ。

でも、携帯電話もクレジットカードもインターネットもなくならなかったでしょ。

 

それ自体が悪ではないから。

それ自体は画期的だから。

 

 

だから仮想通貨もICOもだいじょぶだと思うんですよ。

 

私たちは凄い時代の変革期に遭遇しています。

仮想通貨は普及します。

 

だからお手持ちの仮想通貨は黙ってホールド、いや、ここは男らしくNEO買いました。

男じゃなかった、仮想通貨女子は堂々NEOに参戦します。 

 

NEOは、海外の仮想通貨取引所であるBITTREXで売っています。

日本では買えませんので coincheck とかで、ビットコインを購入→BITTREXに送金→BTCでNEOを購入する必要があります。

ちょっとめんどいですが、日本よりよっぽどモバイル決済とか進んでる決済大国中国かつ偽札も横行してて早くから仮想通貨注目されてるしマイニング大国でもある中国のNEO様は、ただいま残暑のバーゲンセール中ですので注目かもです。

 

昔のアリは今は昔、サイトもかっけーし。

暴落時に買えばよかった…っていつも思うから、本日かそじょレーダーが働いています。

この時期に仮想通貨に参戦してるだけで、十分価値があって十分勝ちだとおもうんですよ。だからみんなで勝てばええやん!穏健派、かそじょ。

 

 

NEOについてももっとちゃんと調べます。

実は調べてないのにノリで買っちゃうところがあります。

 

このピアス、ビットコイン柄かな。

財布とスマホでけーよ。

ばいばい!

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin